著者に聞く:加藤史子先生『私がこの本を書いたわけ①』

メンタルトレーナーとしてご活躍の加藤史子先生が、この度、弊社より『こころが晴れて元気になる「ごきげんメソッド」66』を出版されました。

本書を出版されるきっかけやメソッドにまつわるご自身の体験などを語っていただきました。3回にわたってお話をお聞きします。ぜひご一読を!

 
 

私がこの本を書いたわけ(1/3)

 

ごきげんでいるからいいことが次々と起こる

 

――この度は『こころが晴れて元気になる「ごきげんメソッド」66』のご出版おめでとうございます。いろいろな媒体で紹介されていますね。

加藤:ありがとうございます。おかげさまで、私の地元なのですが、信濃毎日新聞と一緒に配布されるタウン情報紙「MGプレス」や地元紙の『市民タイムス』に取り上げられました。また茨城新聞で紹介されたりしています。

 

――本書を書くきっかけはどのようなことだったのでしょうか?

加藤:仕事柄、心が苦しい時間の長い人に会う機会が多くあり、相談を受けることがあります。

多くの方は、いいことがあるからごきげんになると思っているのです。ところが現実の世界は、いいことばかり起こりませんよね。家族とケンカしたり、仕事で失敗したり、会社で先輩や上司から小言を言われたり・・・、どちらかというと、いやなことが起こるので、ごきげんになれないのです。

でも私の体験から「ごきげんでいるからいいことが次々と起こる」ということを伝えたかったからなのです。逆転の発想ですね。

そしてごきげんでいられないことが起きたときに、どうしたらごきげんな状態を取り戻せるのかを知ってほしいと思いました。

もし、ごきげんな時間が増えていったら、いじめやケンカ・争いをはじめ、世の中の不幸な出来事は激減すると思います。

――本書のまえがきにもありましたが、加藤先生が心の苦しみを抱えておられたのは、おいくつくらいの頃ですか? 何か大きな原因があったのでしょうか?

加藤:自分が人よりも苦しいのかどうかと比較するのは難しいのですが、自覚したのは20歳ぐらいのときです。

当時、筑波大学に通っていて、リズム体操部に入っていました。日本を代表して世界体操祭に出場するくらい力のあるクラブでした。

3年生の時にキャプテンになりました。最初は張り切っていたのですが、筑波大学は大学院まで多くの人が進むので、キャプテンよりも年上の人のほうが多いのです。そんな環境の中、自分は未熟なのに、自分よりも上手い人たちをまとめ、意見を交わすことにとても神経を使いました。「ああ、私は、リーダーシップをとれていない」と、自分が思い込んだのです。

 

――その結果、どうなってしまったのですか?

加藤:うまくリーダーシップがとれない自分を責める日が続き、ついに起き上がることができなくなりました。

朝、起き上がるのに2時間かかるようになって、もう大学にも行けなくなりました。

がんばって、なんとか大学の講義に行けるようになったのですが、自分を責め続けることから抜け出せなくなって、30歳までずっと心が苦しかったです。そんなときに心理学に出会って少しずつ楽になりました。

 

――そういう体験があったからこそ、先生のご著書には説得力があるのですね。出会った心理学のなかで、心の苦しみに一番効いたメソッドはありますか? 

加藤:そうですね。30歳の時に出合ったエリック・バーンが開発したTAの中「ドライバー」というものです。

私たちを急き立て、内側から突き動かす声を、TA(交流分析)ではドライバーと呼び、それは5つあるといいます。 
①「完璧であれ」(Be perfect)

➁「一生懸命やれ」(Try hard)

③「他人を喜ばせよ」(Please others)

④「強くあれ」(Be strong)

⑤「急げ」(Hurry up)
私たちは、これらの声に自分の内側から急き立てられているというのです。

この5つに気づいたおかげで今まで抱えていたストレスの元が解明されて心がとても楽になりました。

 

――本書の10「理想通りでない自分を許す」 11「期待に応えられない自分を許す」で解説されていますね。

加藤:そうです。そのほかとしては12「ゆっくり休む自分を許す」、13「急げない自分を許す」、14「助けを求める自分を許す」も入ります。

「自分を許す」という考え方がだいじなのですね。







プロフィール

加藤史子(かとう ふみこ)

メンタルトレーナー。茨城県出身。筑波大学卒。千葉大学大学院修了。

会社員時代に心理学と出合い、自分の心がなぜすぐに苦しくなるのかという謎が解ける。その後、世界中の心理学のメソッドを自分自身に試しながら効果を検証する。日常生活の中で簡単にできる手法を集め、同じように悩む人たちに伝えたいという思いで講演、講座、ワークショップ、執筆活動を行う。

著書に『ストレスをすっきり消し去る71の技術』(東洋経済新報社)、『ストレス体質を卒業し「生きづらさ」を手放す法』(同文館)、『メンタルトレーニングで受験に克つ』『メンタルトレーニングで部活が変わる』(図書文化社)など多数。

日本薬科大学講師、松本短期大学講師、米国NLP協会認定NLPトレーナー、TAトレーナー、行動習慣ナビゲーター、企業研修講師を務める長野県安曇野市在住、二児の母。

http://www.kokoro-genki.net/

http://kodomo-c.jp/